WILD ROAD

さて、

 

3、実際に仕事にしてみたところ、どうなっていったのか(25〜30)

その1です。

 

インポートしたいブランドを雑誌で調べ(relaxとフィガロだった)、それを片手に

ロンドンとニューヨークへ。

店で輸入したい旨を伝えると、

 

「日本ではBEAMS伊勢丹でやってるよ」

 

との回答が。

自分が回ったブランド全部で言われたので、「BEAMS伊勢丹すげ〜!」と思ったのを覚えている。

そしてそもそも並行輸入ではなく、日本の代理店から入れたら良かったのですが、

残念ながら全く知識が無かったのでいきなり店に行くという愚行。

考えと行動が100%リンクしてるあたり我ながらすごい。

 

結果から言うと仕入れはできなかった。

 

ニューヨークではリーバイスショップに立ち寄った際にすごくできの良い加工Gジャン(セカンド)を売っていた。

しかし人気が無かったらしく、ダダ余りしてかなりのセール価格だったので20着ほど買って帰った。

 

この時期は店の開店準備も並行して行っていたので、「さあどうしよう?」と。

そこで、オリジナルを始めた。

このままだとGジャン20枚だけが並ぶ店になるので、苦肉の策であった。

 

そしてブランド立ち上げ〜開店するまでに色々な奇跡としか言いようがないことが続いて(書けない)、順調にオープンを迎え、その後すぐ行った初回の展示会で20件以上の取引先ができた。

本当にラッキーだと思ったが、ラッキーなだけだった。

ここからは本当の自分と向き合う日々が始まるのだった。

 

次回へ続く。