いつかのメリークリスマス

さて、次は

2、ファッションを仕事にしたいと思った時期(22〜24)

 

について触れてみよう。

 

それまで勤めていた会社を退職し、ファッションを仕事にしようにも

何が何やらさっぱりわからない。

求人情報誌を見るも専門職などちんぷんかんぷんだったので、

自分が好きだった店に履歴書を持って行った。

しばらくはカフェでバイトして生計を立て、3件受けてやっと決まった。

そこで販売職を学ぶこととなる。

 

ただこの時期の自分はこう言っては何だがコミュ障だったので、果たして販売職が向いていたかどうかは別として、自分の働いた結果がその場で売り上げとして出るという仕組みは向いていた。

 

しかし、天候や在庫環境により売り上げの変動があるとなかなか思うように売り上げが取れなかったり、上司からのプレッシャーや売り上げの良い他店舗の話を聞くと、なかなかモチベーションの変動の多い仕事でもあった。

ただ、今になって思ってみると会社経営は販売職のように売り上げが上下変動することが多いので、経験としては良かったなと思う。

 

また、館によってまったく違う友達ができたのもこの仕事の面白いところであった。

 

SPAの会社

インポートを扱う会社

(今は)ビッグメゾンの会社

コレクションブランド

 

を渡り歩き、それぞれで違う風土を感じながらある程度販売職に見切りをつけたいなと考えていた。

プレスやMD、営業など内勤の仕事もあるにはあるのだが、そこで自分は

 

「店を作ってセレクトしたブランドを展開したい」

 

との考えに至った。

それを行うにはとにかく会社を作らないといけない。

 

そういう事で、若さゆえのノリで会社を作ってしまった。

今思うと、なぜあんなに自分に自信があったのかさっぱりわからない。

まあそれが若さなんだろうけど。

 

登記が終わったのが12月で、すぐにロンドンとニューヨークに買い付けに行った。

 

そんでこれがどうなっていったかというと、それはまた次回。