夢見が丘

なんだか一向に寒くならない。

そろそろ11月も中旬だというのに、未だにインナーのTシャツは半袖を着ている。

「このままでは店頭のアウターは売れないだろうな」と勝手に心配になってくる。

 

服の中でもとりわけアウターが好きな僕はこの時期になると毎年迷うことがある。

 

「どこのダウンを買えば良いのだろうか」

 

ということだ。

最後に買ったダウンはこれだ。

 

f:id:hynm_hayashi:20181113155011p:plain

 

14AWの商品なので、実に4年前か。

すごく気に入っているのだが、さすがに飽きてきた。

手放す気はないが、ちょっと別のものも取り入れたい。

ただ、迷っているうちに時間が過ぎ、春に突入する。

そんなことを繰り返してきた。

 

ダウンといえばモンクレーやデュベティカ、タトラスのようにハイブランド寄りのものから、ナンガ、水沢ダウン、デサントアルテラインなどカジュアル寄りなものまで一通り考えたのだが、近そうで遠い(気がしている)ノースフェイスのヌプシダウンにたどり着いた。

 

ノースフェイスはシュプリームコラボの影響か、昨年からインラインの商品ですら並びができるらしい。

リサーチがてらお付き合いのあるセレクトショップのWEBを見るも完売ばかり。

そしてこれだけ売れているとやはり人とかぶるだろうし、それもなんだか解せない。

と言うことで、軽いノリでジャーナルの志門くんに相談したところ、

ノードストロームの別注モデルが良いのではないかという結論にたどり着いた。

 

ヌプシダウンはとてもベーシックなデザインで合わせやすそうだが、アウトドアならではのカラーブロッキングが購入を躊躇させていた。

やたらカジュアルに見える気がしたのだ。

ただ。この柄(絨毯と呼んでいる)はなかなか個性的だし、ハイブランド寄りのコーディネートのハズシにも使えそうだ。

スラックスと合わせるのも良いだろう。

 

で、早速購入。

 

f:id:hynm_hayashi:20181113155332p:plain

*実際はこの色違いの黒を買いました。

国内流通モデルのヌプシは500フィルパワーだそうだが、海外モデルは700だそうで、

日本国内でその200の差で困ることはないだろうが、機能が増える分には良いかと思っている。

柄的にも人とかぶらなさそうだし、良い買い物をした。

 

大人になってくると好みが固まってくると言うか、どうしても着回せそうな実用的なものを選びがちではあるが、たまにはこんな飛び道具を着てみるもの良いかなと思った。

まあオレンジ色のコートを買った僕が言うのも説得力に欠けるだろうけど。

ALPHA INDUSTRIESではムートンのB-3も買ったし、アウターはなんだかんだ揃っちまった。

 

昔から冬に散歩するのが好きだ。

特に、原宿から表参道に向かう上り坂。

買えもしないのに暇があるとコムデギャルソン青山店に行って商品をくまなく見ていた20代前半の時を思い出す。

クラブ帰りの明け方などもそうだ。

金は無いのに時間だけがあった僕はエントランスのお金だけ握って遊びに行っていた。

タクシーで帰るなんてできるわけも無いので、日が昇る前のまだ暗いタイミングで、缶コーヒーを飲みながら始発を待っていた。

仕事をほとんどしていなかった時期には、西郷山公園のベンチで中目黒あたりをよく見下ろしていたっけな。

 

冬には夏とは違う思い出がたくさんある。

アウターが好きなのもそういったことからだろうか。

 

コーヒー片手に散歩などしたいものだ。

ゆっくりした時間と空気感、丸くなりがちな背筋を張って歩く季節はすぐそこだ。

 

早くもっと寒くなれ。