The Spiral

(前回の続きです)

 

神戸にある「横尾忠則現代美術館」に行ってきました。

www.ytmoca.jp

 

開催されていたのは、「横尾忠則の冥土旅行」という展示で、なんと最終日でした。

ラッキー。

そこで写真を幾つか。

 

f:id:hynm_hayashi:20180506135329j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20180506135339j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20180506135348j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20180506135401j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20180506135412j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20180506135421j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20180506135434j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20180506135442j:image

 

 「女」シリーズ(顔を隠しているもの)が個人的にハマるものがありました。

しかもこのシリーズは昨年書かれている内容。つまり最新作なんです。

新しい作品が最もインパクトがあるというのは、アーティストとしてまだまだ前進されているという事であり、尊敬に値します。

久しぶりにTシャツを買いました。

 

さて、最近ハマっているのが「宮本から君へ」のドラマ。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

原作は読んでいませんが、池松壮亮が好きなもので見たところどハマりしまして。

華村あすか柄本時生、ほっしゃんとキャスト全般に一癖ある演者が並んでいます。

高橋和也なんかもはや男闘呼組の印象は皆無ですね。

 

主題歌ですが、エレファントカシマシの「Easy Go」。

これがとてもいい曲なんですよ。

激情型パンク。

オーバードライブでもディストーションでもなく、ファズ。

 

www.youtube.com

 

たまにこの手の曲がたまらなく聴きたくなります。

エモいスパイラルに入るというか。血がたぎるというか。。。

 

横尾忠則エレファントカシマシの(僕にとっての)共通点ですが、 最新作が最高という部分です。

それって簡単なことではないですよね。

 

良い時期も悪い時期もあったと思いますが、それでもあきらめなかった。やり続けた。

だからこその景色だと思いますし、「まだまだこれからなんだろうなあ」と思わせてくれます。

そしてその行為が自分を奮い立たせてくれる。

 

僕も誰かのそんな存在でありたいと思ったゴールデンウィークでした。