TINY DROPS

先日、愛犬が亡くなりました。

13歳だったので、子犬としては長生きした方だと思います。

 

2004年から飼い始めましたが、当時僕はオリジナルアパレルを作っていて、

原宿にお店、千駄ヶ谷にオフィスを持っていました。

バイク通勤してたので、生まれたての犬をトートバッグに入れて色々なところに行きました。

 

自分の店やオフィスはもちろん、夜の公園、映画館、洋服屋、友人宅、カフェ、クラブ等、とにかく生活のほとんどを一緒に過ごしました。

 

最後は体内に腫瘍ができてしまい、血がそちらに吸われ、貧血状態。

輸血も行いましたが、残念ながら病気の進行の方が早く、あっという間にあの世へ行ってしまいました。

 

最後は自宅で看病していた家内が看取ったのですが、容態を確認しようと電話したところ、どうやらスピーカーで話していたらしく、電話越しに僕の声に反応してたくさん吠えてくれました。

2日ほど全く吠えなかったのに。

 

聞いた話によると、電話を切ってすぐに眠るように亡くなったとの事でした。

最後の力を振り絞って、さよならを言ってくれたのかなぁと思います。

 

とても悲しいし、残念な事ですが、今回の一件からまたたくさんのことを学びました。一番は、

 

悔いのない人生を送る。

 

です。

 

「当たり前だろ!」と言われそうな気もしますが、日々の生活において後回しにする事も多々ありますので、日々悔いのないように生きることを今まで以上に意識し、実行しようと思います。

 

さよなら だれもきらいじゃない

笑いながら手を振ろう

今の僕には何もない

ただひとつの 燃えるいのちがある

 

さよなら あいするひとよ

なにもいわずに今いこう

しみついた涙を忘れて

知らない時間よ 冷たく僕を包め

 

いつかまた生まれ変わったら会いたいね。

それまでしばらくさようなら。

またね。

 

f:id:hynm_hayashi:20170927181801j:plain