ROOTS

最近古着のギャルソンづいている。

 

(そういえば先日のブログでもギャルソンに触れていた)

 

と言うのも、インスタでとある原宿の古着屋をフォローしているのだけど、その店は様々なジャンルの古着を取り扱っており、中にはギャルソンもあった。

店頭で店長(多分)と話をしていたら昔のギャルソンの話になった。

その人はやたらギャルソンに詳しい人で、あまり昔話をするのは好きではない自分だけど、とても楽しく時間を過ごせた。

 

また、サカナクションの山口一郎くんがいつもギャルソンを着ていて、その佇まいが好きだと言うこともある。

 

f:id:hynm_hayashi:20181206102925p:plain

*「多分、風。」のイメージ写真。このコートは買うか何度も迷った。未だ買ってない。

 

先日TAGSWKGPTYの森岡さんと話をしていて印象に残ったのが

 

「ファッションが90年代ブームってよく言われますけど、僕のブームは2000年代なんですよね」

 

と言う言葉で、なんだか納得してしまった。

90年代の僕個人のイメージはファッションというよりも音楽(クラブ)とスニーカーのイメージだ。

お金もなかったし、正直服は割とどうでもよかった。

あまりブランドを知らなかったのもある。

ワールドワイドラブとか、アニエスとか、ワープレプスなどで買っていたような気がする。

それよりも、ZESTでインディーバンドのシングルをジャケ買いしたり、どのスニーカーを履いて遊びに行くかということの方が大事だった。

コムデギャルソンやグッドイナフやアンダーカバーなどに触れ出した時は98年くらいだったような。

マルジェラもその辺かな。

 

さて、2000年前後。

この頃は遊びに行く時に何を着ていくのがオシャレなのか凄く考えていた。

タイミング的にはコムデギャルソン オム プリュスと藤原ヒロシににどハマりしていて、それ以外にもドメスティックブランドがどんどん面白くなっていった時期だった。

ジェネラルリサーチ、フェイマス、ナンバーナイン、SOPH、グランドキャニオンなど、、、。

また、エレクトリックコテージの復活やグッドイナフの(今っぽく言うと)リブランディングなど、話題がとにかく多かった。

 

雑誌が主な情報源だったので、そこから得る情報のインパクトに毎回ビビらされていた。

ミスターハイファッションの発売日にはギャルソン特集のページ、メンズノンノの発売日には後ろからめくってALKから読んでいた。

 

f:id:hynm_hayashi:20181206103047p:plain

f:id:hynm_hayashi:20181206103135p:plain

*コムデギャルソン オム プリュス 2000年秋冬のドッキングのコレクション。ミスターハイファッションの記事。度肝を抜かれた記憶がある。

当時話題になったウルフズヘッドとコラボしたベルトは奇跡的に買えた。

 

f:id:hynm_hayashi:20181206103510p:plain

f:id:hynm_hayashi:20181206103625p:plain

メンズノンノで連載されていた、ア・リトル・ノーレッジ。紹介されるアイテムも好きだったが、小暮さんの写真がとにかくカッコ良かった。グッドイナフは多分その時付き合っていた彼女よりも好きだったと思う。

 

2000年代になるとヤフオクが台頭して来たので、見たことのない商品でも探せるようになった。

マンガ喫茶でよくネットを見ていたな。

それまではクアントという情報誌で売買していたので、ヤフオクに関しては

 

「すごいインフラが出てきたな」

 

と思った。

レディメイドで何が出たのかを確かめるにはヤフオクが一番早かった。

 

話が逸れたのだが、2000年台前後というのは近いように感じるが実に20年経とうとしている。

状態の良い古着はもうなかなか出てこない可能性が高い。

 

という事もあり、ギャルソンのその辺りの年代の古着を買いあさっている。

これが、本当に楽しく、新鮮である。

なぜかまったく色褪せてないのだ。

一度自分が手放した服と再会したりもする。

それをまた買う。

 

川久保玲は以前このように言っていた。

 

「ファッションとは泡みたいなもの」

 

だと。

 

生まれては消え、生まれては消え、溶けて再生する。

シーンをよく捉えた言葉だなと当時は思ったものだ。

 

しかし、それはあくまでもデザインマインドの事だろう。

こうしてまた出会ったギャルソンの服は今でも僕を魅了している。

決して泡ではなかった。

 

誰にでもルーツはある。

僕のルーツは結局この時代のギャルソンなんだろうと思う。

懐古的やコレクション的にに楽しむというよりは、実を取るような感じだ。

 

古きを知り、新しきを知る。

そんな向き合い方ができるようになったのは、ただ長く好きだからだろうか。

てなことを考えながら、また沼にはまる。

自分が前に進んでいるからこそ、昔のものも大事にできるようになったのだと考えたい。

 

そんなことを思う12月。

年末はすぐそこ。

無事に年を超えられるといいな。

思い出のギャルソンと。

 

旅☆EVERY DAY

皆さんこんにちは。

久しぶりのブログ更新です。

 

というのも、来年の春〜夏から秋にかけて幾つかの仕込みをしてまして、

自分でもびっくりするくらい働いています。

と言うことは、水面下での動きも多くまだ話せない(書けない)事ばかりですね。

 

進行している幾つかの案件はどれも素晴らしいお仕事で、かつ今までの自分の集大成みたいな部分もあります。

時期を見ておいおいご案内させていただきます。

 

さて、11/7に新作EPをリリースした「MOP of HEAD」のアウトストアイベントに行ってきました。

 

f:id:hynm_hayashi:20181203142020j:image

 

「super yeah」からライブスタート。

何度もライブに足を運んでいますが、毎回カッコ良くて

「僕は本当にこのバンドが好きなんだなあ」と思います。

来年はツアーを行うそうで、活躍されることを期待しています。

 

こちら、ナタリーでのインタビュー。

良かったら読んでみてください。

 

natalie.mu

 

秋と言うことで、紅葉を見に昭和記念公園まで。

高台からは富士山が見えました。

なんだか素敵な風景です。

 

f:id:hynm_hayashi:20181203142044j:image

 

ジャーナルスタンダードで打ち合わせの様子。

いつになく真剣な志門くんと、楽しそうな中村さん。

そして企画を出す森岡さん。

同じバイブスで仕事ができるって幸せな事です。

 

f:id:hynm_hayashi:20181203142102j:image

 

ギャラリースペース16にてエリックヘイズと。

フューチュラ、スタッシュと並んで僕のヒーローの一人です。

グッドイナフのヘイズデザインTシャツ持ってたなあ。。。

 

f:id:hynm_hayashi:20181203142112j:image

 

草賀さんの影響か最近エアフォース1が気になってます。

カーハートのコラボが出るそうで、できれば買いたいと思っていますが

実際どうなんだろう。。。買えるのか。。。

 

f:id:hynm_hayashi:20181203142125j:image

 

そういえば今週末はコンコルド発売ですね。

これも激戦かなあ。。。

 

www.nike.com

 

EDWIN TOKYO HARAJUKUの2周年を記念して、「ばりかたデニム」と「ごんぶとデニム」が発売されました。

「綿」と「麺」ということで、ノベルティはどんぶり。

消化も早そうなので、、どうぞお店でご覧になってみてください。

 

www.houyhnhnm.jp

 

ざっとこんな感じの近況でした!

Classmate

ARIGATO SAKURAGAOKA produced by ART PHOTO TOKYO”

こちらののレセプションに行ってきました。

 

f:id:hynm_hayashi:20181116113059p:plain

*詳しくはこちら。

www.iamas.ac.jp

 

会場はもともとはヤマハエレクトーンシティ渋谷だったようで、その跡地での開催です。

なんだか文化祭のような?感じでしょうか。 

昨年まで桜丘がオフィスだったので、懐かしくもあり、新鮮でもありな気持ちで行きました。

駐車場では映像のインスタレーションを行っていました。

この雰囲気、大好物です。

 

f:id:hynm_hayashi:20181116102638j:image

 

いろんな作品がありましたが、お目当てのTPNブースへ。

いつも良くしてくださってありがとうございます。

 

www.instagram.com

*新田さんのインスタより。

 

TNPの皆さんはいつも仲が良さそうで、会場ももともとは学校ですし

なんだかクラスメイトっぽいなと思いました笑

 

北島明さんの作品から。

f:id:hynm_hayashi:20181116102644j:image

 

P.M.Kenさん。

 

f:id:hynm_hayashi:20181116102655j:image

 

サノ⭐︎ユタカさん。

 

f:id:hynm_hayashi:20181116102710j:image

 

ブース変わって、蜷川実花さん。

 

f:id:hynm_hayashi:20181116102833j:image

 

レスリーキーさん。

 

f:id:hynm_hayashi:20181116102842j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20181116102851j:image

 

写真以外にもいろんな作品がありますので、皆様も良かったら足を運んでみてくださいね。

感性を揺さぶられる作品に出会えることを願っています。

 

 

 

夢見が丘

なんだか一向に寒くならない。

そろそろ11月も中旬だというのに、未だにインナーのTシャツは半袖を着ている。

「このままでは店頭のアウターは売れないだろうな」と勝手に心配になってくる。

 

服の中でもとりわけアウターが好きな僕はこの時期になると毎年迷うことがある。

 

「どこのダウンを買えば良いのだろうか」

 

ということだ。

最後に買ったダウンはこれだ。

 

f:id:hynm_hayashi:20181113155011p:plain

 

14AWの商品なので、実に4年前か。

すごく気に入っているのだが、さすがに飽きてきた。

手放す気はないが、ちょっと別のものも取り入れたい。

ただ、迷っているうちに時間が過ぎ、春に突入する。

そんなことを繰り返してきた。

 

ダウンといえばモンクレーやデュベティカ、タトラスのようにハイブランド寄りのものから、ナンガ、水沢ダウン、デサントアルテラインなどカジュアル寄りなものまで一通り考えたのだが、近そうで遠い(気がしている)ノースフェイスのヌプシダウンにたどり着いた。

 

ノースフェイスはシュプリームコラボの影響か、昨年からインラインの商品ですら並びができるらしい。

リサーチがてらお付き合いのあるセレクトショップのWEBを見るも完売ばかり。

そしてこれだけ売れているとやはり人とかぶるだろうし、それもなんだか解せない。

と言うことで、軽いノリでジャーナルの志門くんに相談したところ、

ノードストロームの別注モデルが良いのではないかという結論にたどり着いた。

 

ヌプシダウンはとてもベーシックなデザインで合わせやすそうだが、アウトドアならではのカラーブロッキングが購入を躊躇させていた。

やたらカジュアルに見える気がしたのだ。

ただ。この柄(絨毯と呼んでいる)はなかなか個性的だし、ハイブランド寄りのコーディネートのハズシにも使えそうだ。

スラックスと合わせるのも良いだろう。

 

で、早速購入。

 

f:id:hynm_hayashi:20181113155332p:plain

*実際はこの色違いの黒を買いました。

国内流通モデルのヌプシは500フィルパワーだそうだが、海外モデルは700だそうで、

日本国内でその200の差で困ることはないだろうが、機能が増える分には良いかと思っている。

柄的にも人とかぶらなさそうだし、良い買い物をした。

 

大人になってくると好みが固まってくると言うか、どうしても着回せそうな実用的なものを選びがちではあるが、たまにはこんな飛び道具を着てみるもの良いかなと思った。

まあオレンジ色のコートを買った僕が言うのも説得力に欠けるだろうけど。

ALPHA INDUSTRIESではムートンのB-3も買ったし、アウターはなんだかんだ揃っちまった。

 

昔から冬に散歩するのが好きだ。

特に、原宿から表参道に向かう上り坂。

買えもしないのに暇があるとコムデギャルソン青山店に行って商品をくまなく見ていた20代前半の時を思い出す。

クラブ帰りの明け方などもそうだ。

金は無いのに時間だけがあった僕はエントランスのお金だけ握って遊びに行っていた。

タクシーで帰るなんてできるわけも無いので、日が昇る前のまだ暗いタイミングで、缶コーヒーを飲みながら始発を待っていた。

仕事をほとんどしていなかった時期には、西郷山公園のベンチで中目黒あたりをよく見下ろしていたっけな。

 

冬には夏とは違う思い出がたくさんある。

アウターが好きなのもそういったことからだろうか。

 

コーヒー片手に散歩などしたいものだ。

ゆっくりした時間と空気感、丸くなりがちな背筋を張って歩く季節はすぐそこだ。

 

早くもっと寒くなれ。

 

 

 

 

RING

先日急遽発表された、UNDERCOVER X CAREERING。

 

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

ご縁があって無事ゲット。

 

f:id:hynm_hayashi:20181106095350j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20181106095403j:image

 

めちゃくちゃ気に入ってます。

 

そして、ちょとした用があってUNDERCOVERの展示会へ。

柳井さんありがとうございました。

久々に変な汗かくくらい緊張した。。。

 

f:id:hynm_hayashi:20181106095522j:plain

 

f:id:hynm_hayashi:20181106095531j:plain

 

f:id:hynm_hayashi:20181106095543j:plain

 

月に一度のべんてんへptamiganの草賀さん、TAGSWKGPTYの森岡さんと。

油そばをいただきました。

草賀さん曰く「今まで食べたことない味だ」と。

しびれるやつです。

本当に美味しい。

 

f:id:hynm_hayashi:20181106095418j:image

 

f:id:hynm_hayashi:20181106095436j:image

 

8K×サカナクションの爆音上映会へ。

 

f:id:hynm_hayashi:20181106113637j:image

 

家のテレビは普通の地上デジタル放送を見ているので、「8Kってなんぼのもんじゃい」と思ったのですが、実際ムチャクチャ美しいです。

内容は以前BSで放送されたものと同じでしたが、大画面(スクリーン)で、

8Kで見るとそれは全く違った迫力でした。

来年のツアーも行きたいなあ。。。

 

Netflixにいよいよ「ビーバップハイスクール」が追加されました。

 

f:id:hynm_hayashi:20181106095504j:image

 

邦画の中でも大好きなシリーズ。

今日から俺は!」のドラマ化と並んで、ヤンキーブーム再燃ですかね。

学ランは短ラン派でした。

この勢いで「六本木バナナ・ボーイズ」も追加して頂けたらと願っております。

 

f:id:hynm_hayashi:20181106114356p:plain

 

バブル期を体験してないのですが、楽しかったんだろうなあ。。。

そして、バブルと言えば「ベッド・イン」。

この曲が一番好きです。

ではまた。

 

www.youtube.com

 

 

 

CAT

こないだ表参道を歩いていた時に見つけた広告。

 

カーサ ブルータス創刊20周年記念イベント

「夢のネコムーランド」が開催されます。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022103821j:plain

casabrutus.com

 

f:id:hynm_hayashi:20181022103839j:plain

 

猫村さんに出会って早12年。。。

豪華絢爛(?)な茶室に行けるチャンスは2日間だけということでめっちゃ気になっています。

この時期忙しいのですが、行ける時間が作れたらいいなあ。

 

さて今回は読書の秋ということで、僕が愛読しているブログを紹介してみます。

まずはこちら。

 

いつか鎌倉

komuta.blog.houyhnhnm.jp

 

フイナム小牟田編集長のブログですね。

お話しする時とは別に、文章になるとよりパーソナルな部分に触れる事ができるので、意外な一面を見つけたりできて楽しく読ませてもらっています。

YO LA TENGOとかベルベッツとか、普段話に出ないですが好きなんですね。

あとは「彦龍」とか。

今度会うときの話のネタになりそうです。

次にこちら。

 

サノ☆ユタカ
blog.honeyee.com

 

冒頭の「三度の飯より〜」が毎度つかんでくれます。

クリエイターの日常をぶっきらぼうに伝えるスタイルが好きでよく読んでいます。

 次にこちら。

 

29 Years After-TMN通史-

tamanet.at.webry.info

 

現在進行形でTN NETWORKの情報を提供頂きつつ、デビューから現在までを追っているブログです。

(個人的に)ためになる内容が多く含まれており、かなり面白いです。

中学生〜高校生の時にどっぷりはまったTMですが、これを読んだら新しい角度から楽しむ事ができます。

これから「あの事件」に触れるタイミングなので、更新を楽しみにしています。

次にこちら。

 

ファイヤーくす。

firekusu.blog.so-net.ne.jp

 

最近はBOSSの新製品情報に偏り気味ですが、以前はレスポールに代表されるギブソンのギターを中心に深掘りした内容で書かれていて、よく読んでいました。

僕とはプレイスタイルが違うのでしょうけど、勉強になったと思います。

次にこちら。

 

setlist.fm

www.setlist.fm

 

ブログではないのですが、海外アーティストのライブのセットリストを

掲載しているHPです。

フェスや来日前の参考にしたり、昔のセトリを調べて余韻に浸ったり、楽しみ方はそんな感じです。

情報の量がとにかく多いので検索が大変ですが面白く拝見しています。

最後に、

 

We love LWT Forever!!

mastered.jp

 

こちらもブログではないんですけども、疲れた時に読んでます。

特に上司の方のコメントがとてもためになりますね。

この会社と今はお取引きさせて頂いておりますが、幸せなことです。

 

皆さんもお気に入りのブログなどあれば教えてください。

では、秋を楽しんでくださいね。

Easy Come, Easy Go!

先週末は弾丸で神戸に行ってきました。

秋晴れって感じで気持ちよかったです。

いくつか気になった場所を写真に収めましたので、どうぞご覧ください。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022103911j:image

 

三宮〜元町の高架下を歩いていると素敵なお花屋さんが。

街にピッタリ。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022103929j:image

 

「ムラタ」と書かれた看板。

メニュー?表札?

 

f:id:hynm_hayashi:20181022103953j:image

 

まだまだ生産中のようです。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104007j:image

 

50円で売られていたtrfのSilver and Gold dance。

下に見える中村雅俊の方が高値を付けられています(100円)。 

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104019j:image

 

何の会社だろう。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104034j:image

 

何を見せたいんだろう。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104050j:image

 

そして最初の目的地である「もっこす 花隈店」。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104101j:image

 

r.gnavi.co.jp

 

初訪なのでメニューを確認。

「豚皿」(500円)というものがあり、どんなものか聞いてみたところチャーシューに煮汁をかけたものらしい。店員さんが

 

「あんまり美味しくないよ」

 

だって。

神戸の人は心が豊かだなあと。

止めておきました。

メンマ(100円)をオーダー。

 

「値段相応の味だよ」

 

だって。

この店(店員さん)のファンになりそうです。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104111j:image

 

醤油ラーメンをオーダー。

デフォルトの状態でもネギたっぷり。

細麺に豚骨ベースのスープが絡んで美味しかったです。

写真にはありませんが、先方のミスで半ライスが到着。

オーダーしていない旨を伝えると、

 

「伝票にはつけないから食べてって〜」

 

だって。

折角なのでいただきましたが、腹パン。

中年にはこのセットはキツイですね。。。

 

 

次に「アーバン道」をやっているとの事で、そこから神戸駅に向かいました。

歩いていて気になったものをいくつか。

 

近所の蕎麦屋

立ち食い?

とにかく安い。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104135j:image

 

何が出るのか。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104147j:image

 

道につきました。

ママの手作り料理が並びますが、さっきのラーメン+半ライスで何も食べる気にならず。。。

残念。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104201j:image

 

本日の灰皿。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104215j:image

 

立て壊されている物件。

気になる絵だったのでパチリ。

 

f:id:hynm_hayashi:20181022104222j:image

 

レモンサワーをガッツリ飲んで帰路に。

不思議なのですが、レモンサワーとかホッピーとか、お代わりする度に中の量がどんどん多くなり、、、あるあるネタでしょうか?

うっかり神戸〜新大阪で寝落ちするところでした。。。

 

道では初めましての方とほとんどラーメンの話をしていました。

ラーメンは国境を越えるということがよくわかりました。

 

いよいよ年末が近づいてきました。

気持ち良い日を過ごせるのもあと少しかと思います。

旅行日和の週末でした。